明日から頑張ろう

真面目になりたいクズ大学生が、日々考えていること

テレビで頑張っている人を見てやる気なくなる病が再発しました

こんばんは!

超高カロリーデブ飯を食べて大満足のココマイです。

ごつ盛りカップ担々麺の残り汁にご飯とチーズを入れるやつです。

 

昨日は中学の部活メンバーでカラオケに行ってきました。愉快な楽しい、私が大好きな仲間たちです。そんな人たちに出会えてよかったと心から思います。

 

問題はその日の夜です。

家に帰った途端やる気がなくなって、何もしたくなくなりました。

2時間ほどだらだらとテレビを見続け、気が付いたらもう日付が変わろうとしていました。母が23:57くらいにEテレにチャンネルを変え、Eテレで猫のふみふみに癒されながら次の日を迎えられたのはいいなあと思ったのですが(Eテレ 2335 という素敵な5分間の番組です)、その次の番組にやられました。

『SWITCHインタビュー 達人達』という番組で、その日は俳優の松坂桃李さんと写真家の奥山由之さんの対談でした。お互いの第一印象を「普通」だと言っていましたが、彼らの仕事に対する考え方や仕事ぶりを見て、すごく人生楽しそうだなと思いました。こだわりを持って仕事をしていました。好きな事なんでしょうね、その仕事が。

その時にはほぼ寝ていた母がふと起きて、「ぜんぜん観てなかったよ〜」と言いながらテレビを消したので、私は「なんか人生楽しそうだなって感じだったよ」と言いました。

すると母は、

「人生楽しかったのはいつだったかな〜。大学時代は結構楽しい4年間だったな〜。中高と違って1年長いだけで、それだけでかけがえのない時代になったよ」

と答えました。

へえ…すると私は、そのかけがえのない1年間の半分を、すでに無駄にしてしまったんだな…あははは…

泣きたいです。面倒くさくて大学に行かなかったのは自分ですが。

 

その日はオリンピックから帰国したメダリストたちのニュースが多かったのですが、晴れやかな気持ちで見る事ができませんでした。

ちゃんと大学生してる友達を見て、自分のだめだめさを改めて感じてしまったんですかね。「学業を優先すべきだから、実家通いでそこまでお金を必要としていないのならば、アルバイトはすべきじゃない(してるけど)」という真面目な人たちですから、私は自分の話は絶対にしませんよ。

 

アンケートモニター登録