読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から頑張ろう

真面目になりたいクズ大学生が、日々考えていること

ジブリの大博覧会に行ってきました

こんばんは!

アルバイト制服のハーフパンツのウエストが実はきつくて、お腹が常にすっきりしないココマイです。

 

昨日は中学校の友達とジブリの大博覧会に行ってきました。場所は六本木ヒルズです。

展示会自体は10時からなのですが、10時前からすでに長い行列が出来ていました。

当日券を買い、エレベーターで53階へ。

 

まずは、9月公開の「レッドタートル」にまつわる展示コーナーです。スタジオジブリ初の外国人監督の作品となっていて、これまでの作品のジブリっぽいキャラクターではありません。見た目としては、さっぱりとした印象です。ストーリーをざっと説明すると、ある男の人が無人島で一人ぼっちになってしまいます。そこで女の人と出会い、子供が生まれ…という感じです。ひとつ分かっていることは、その女の人は人間ではないこと。異種結婚がテーマのひとつだそうです。公開がとても楽しみです。

 

次のコーナーでは、これまでのスタジオジブリ作品の宣伝の過程を知ることができます。

ポスター案や、キャッチコピーが決まるまでのやり取りが、壁一面に展示されています。ポスターはだいたい2種類あるのですが、知らないものが多く、面白かったです。

 

宣伝の仕方を知った後は、グッズコーナーです。販売しているものではなく、今までに売り出されていたグッズや今でも書店に並んでいる本、でっかいフィギュアなどが飾られています。私のツボはアリエッティドールハウスと、でっかい半魚人ポニョです。

 

その部屋を抜けると、よく見るであろう、ねこバスが来ています。中に入って、ねこバスの顔の上から顔を出すのが定番ですが、すごく並んでいます。後ろ足やしっぽは空いているので、そこで写真を撮りました。

 

そこから先は、写真撮影がOKになります。

ラピュタのタイトルロールに使われている絵が何枚か展示されています。

 

その先には…

大迫力のラピュタに出てくる飛行船型戦闘機(今名付けました)が飛んでいます。

また、天空にお城が出来る過程も知ることが出来ますよ。

宮崎駿さんは飛行機が大好きだそうで、(空を一度も飛ばなかったのは、もののけ姫だけらしいです)、作中に出てくる、ありとあらゆる乗り物が飛んでいます。

私は詳しくないので、どれがどの作品のどの場面に出てくる何の乗り物なのか分かりませんでしたが、きっと分かったら面白いです…

f:id:m-710:20160811202332j:image

 

展示は以上です。

少し先にグッズ販売会場があるのですが、えげつない混み具合でした。「ジブリの大博覧会限定」という目印がない商品は、ジブリグッズのお店「どんぐり共和国」やネット、ジブリ美術館で買えるのではないでしょうか。ほとんどは普段でも買える物が並んでいたと思います。

バルスTシャツや、ここで働かせてくださいエプロンはいいなと思いました。

 

展示会場の先にカフェがあるのですが、ちょうどお昼時だったので、60分待ちでした。行きたかったけど、60分も立って待っている体力はありませんでした。まっくろバーガー食べたかったな… カフェオープンの時間は10時ではないようなので、オープン前に行けばストレスなく食事を楽しめると思います。

 

展示会場は、とにかく人だらけです。ゆっくり観れるなんて余裕はありませんでした。もっと歴代ポスターたちをじっくり見たかったのですが…

 ですが、ジブリの世界に浸るには充分でした!出来ることならもう1回行って、9:15くらいから並び、見れなかった細かい文章も含めじっっくり見たいです…お金がない…

 

六本木ヒルズとテレ朝が隣り合っているとは知らず、夏のテレ朝祭りなるものがすぐそこで開催されていて、びっくりしました。一石二鳥ですね。

 

アンケートモニター登録