読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から頑張ろう

真面目になりたいクズ大学生が、日々考えていること

大学の学生相談(カウンセリング)に行ってきました

こんばんは!

お金ないくせにヴィドフランスに貢ぐのをやめられないココマイです。

コーヒー1杯無料まであとスタンプ1個。

 

 

今日は、大学の学生相談、カウンセリング的なやつに行ってきました。

 

結論から言いますと、

 

あまりスッキリしませんでした。

 

 

流れとしては、まず名前や住所などを書いて、私のことについていろいろ聞かれて、本題に入る、という感じでした。

(詳しいことは覚えていられないんです、すみません。)

 

なんだかんだ言って、話を聞いてくれた方も、大学に雇われているんだ、というのが率直な感想です。

話を聞いてくれた方は、眉毛がちょっと離れ気味な20代後半くらいの優しい女性でした。

 

最終的には「受けたい授業だけでも出て、定期的に話をする、まず大学に来る習慣を着ける」ということにまとまりました。

「今ここで辞めちゃうのは、ちょっともったいないかな」と言ってくださりました。

進級できるかどうかを、わざわざ教科担当の方を呼んで、一緒に確認してくださりました。

(後期にちゃんとすれば進級できるみたいです。)

 

…流された〜

 

 

私の性格上、このブログの記事のように、自分の思っていることを全部、はっきりと言うことは無理でした。

それと、私が相手の話の流れに合わせてしまいがちな所もあり、中退を考えている、とは言い切れませんでした。濁しました。

おそらく復帰を前向きに考えているから来た、という風に捉えられたのではないでしょうか。

 

最後に「やっぱり大卒って大事ですか?」と聞いた所、

「大卒だと選択肢が広がる。やりたい事が決まっていて、それが大卒かどうか関係がないのならいいだろうけど、決まっていないから、今から道を狭める必要はない。」

とごもっともな回答をしてくれました。

 

 

今回の学生相談に納得ができないまま終わりましたが、カウンセリング中に自分で話しているうちに、「私がやっている事はとても子供だ」とも思いました。

ああ、なんか、本当にくだらないな…学校くらい行けよ…と。

駄々こねてる子供みたい。

私のブログを読んでくださっている社会人の方は、最初からそう思われていたかもしれません。

 

 

やっぱり行かなきゃだめか、という気持ちと、いや面倒くさい、という気持ちと、アホかお前は、いくつだよあんた、という気持ちでもやもやしながら帰ってきました。

 

 

予想では、大泣きするか、話し倒すか、のどっちかになると思っていたのですが、流れに乗ってスルスルっと終わりました。

 

辞めるのもったいないって、何がもったいないんだ!学費で決めただけなのに!思い入れなんて特にないのに!

…予備校代と入学金か。そりゃそうだ。

 

気は晴れませんでしたが、今のこの状況がとてもくだらないという事に気が付けたので、まあ良かったです。

出たい授業だけ出て、あとの時間はひたすら図書館にこもるか、英語で映画でも観てようかな

なーんて、やっぱり自分に甘いですが。

 

 

 

今日はPVが200を超えました!

ありがとうございます!!

昨日は注目エントリーに載せていただいたみたいで…

アプリからだと確認できないもので…知りませんでした

 

世の中にはこんなクズもいるんだ、とホッとしてくだされば嬉しいです。

 

 

 

アンケートモニター登録