明日から頑張ろう

しょっぱなからつまずき、二年目の大学一年生してます

超笑えるくだらない話

こんばんは!

うん年ぶりに焼き肉を食べに行ったココマイです。

牛角でしたが、美味しかったです。

デブ化に拍車がかかりますね。

 

聞いてください、面白い話です。

大学でのキャンパス相談は15時半からだったので、「12時くらいに起きればいいや」と思い、朝方4時ごろまでコミックシーモアで立ち読みしていました。

一応鳴らした8時の目覚ましには気付くわけもなく、目を覚ますと12時。

「起きなきゃ…」と思いつつうつらうつらしていると、あっという間に2時間も経って14時になってしまいました。

大学まではざっくり1時間半、準備に最短30分かかるので、もう間に合わない時間です。

結局、木曜日に移してもらいました。

ああ情けない…

 

その話は置いといて、出掛ける準備をし、高校の友達と焼き肉を食べに行きました。

MARCH2人に音大ダンス専攻、私(明るい不登校)というメンバーです。

MARCHに行っている2人とも「自分の大学はクソ、でもお金払っちゃったから行く」と言っていました。

「大学生になって頭悪くなった」

「大学生は社会に貢献していないから、豚になって食べられた方が貢献出来ている」

「(高校までで)生きていくのに十分な友好関係はもう出来たから、これ以上人脈広げようと思わない」

「大学4年間もぽーっとしていられるなんて最高」

などといろいろな考えを聞けて良かったです。

私はただ3人がわーわー話しているのを聞いて(眺めて、に近いかもしれない)肉をひたすら食べるだけでしたが、それでいいんです。

お陰で私のことを聞かれずに済みました。

文句は言いつつ、ちゃんと通って課題もやっていてすごいなと思いました。

3人にはビックになってほしいです。

無事に母に「大学行っていない」と伝えることが出来ました

こんばんは!

新しい髪型になかなか慣れないココマイです。

あまり似合っていないような気がします。

美容師さんに「絶対ウェット系のワックスが合いますよ!」と言われおすすめも教えてもらったのですが、調べてみると1000円をゆうに超えてしまう物でした。

 

日付は超えてしまいましたが私は起きているので、まだ12月12日(月)ということにします。

今朝起きたら7時で、母が逃げ恥のダイジェストを観ていました。

今日絶対に話すと決めていたので、起きた瞬間からチャンスをうかがっていました。

のですが、最近の母はイヤホンで星野源を聴きまくっているため、なかなか踏み切れずにいました。

おそらくイヤホンを外すであろう洗濯干しタイムを見計らい、ついに話しました。話せました。

「大学のことなんだけど、11月中旬くらいから全然行ってなくて、あんまり戻る気はなくて、でも最近は自分に甘すぎるな、とか大卒ブランドはあったほうがいいのかな、とも思ってる」

と、ぽつぽつ喋りました。

(予想外でしたが、後半は泣いてました)

すると、母は、

星野源は大学行ってないし、引きこもってたし、大学だけが全てじゃないなと思ったんだ〜」

ありがとう、星野源!!!!

母がはまりすぎてあなたの事までうざいと感じる時もありましたが、今はただただ感謝です。

バイトしまくってみたら?」

という提案をしてくれました。

母が使用している美容・健康系のアプリから求人が出ていたらしく、それも紹介してくれました。

 

「えっ!?行ってなかったの!?!?」とヒステリックに叫ばれる事も覚悟していたので、そういう事態にならず安心しました。

母の視野を広げてくれてありがとう、星野源、さまさま。

 

無事相談員の方のとミッションを果たせたので、気兼ねなく明日の面談に行けます。

重荷が取れました。試験が終わった後のようにすっきりしました。

髪を切ったら心も軽くなりました

こんばんは!

髪をばっさり切ってきたココマイです。

イケパラの堀北真希くらいの長さです。

これを機会に痩せようと思いました。

 

髪を切っただけなのですが、今は人生がなんとかなるように感じています。

そんなに悲観せずともどうにかなるのでは、という気になっています。

立ち読みした本の影響もあります。

昨日読んだ本では「引きこもり・ニートは株をとりあえず買えばいい」と書いてあり、今日読んだ本では「好きなこと=向いている仕事」と書いてありました。

私はまた踊ってピアノを弾いて絵を描く生活がしたいです。

次の相談日は火曜日なので、明日は大学・これからの生活のことを母に話すつもりでいます。出来そうな気がします。

酉年の年賀状をどうしようか悩んでいましたが、「そっか、鳥にこだわらなくても好きなようにすればいいのか!」とたった今思い、すごく楽になりました。

toeicの会場に行くのに通っていたバレエ教室の前を通らなくてはいけなくて、すごく緊張して、これだけで緊張してしまう自分に落胆しましたが、それはもういいです。

toeicはというと、結局約1ヶ月の間に真面目に勉強したのは30分くらいで、久々の英語に終始焦りまくりでしたが、それももういいです。

 

単純ですが、髪を切っただけでこんなにも心の持ちようが変わるものかと。

カットモデルだったのでタダですし。

自分は残念ながら残念な顔だともう諦めているので、似合わなくても気にしません。

髪型が変わって、アンパンマンでいう新しいお顔にしてもらった感じです。

とにかく頭も心も軽いです!

私が入る事でバイト先にご迷惑をかけていないか心配です

こんばんは!

夕方まで寝てしまったためお目目ぱっちりなココマイです。

レットブルを片手に、オールでバイトに臨もうと思います…

 

そのバイトの話です。

まずはコンビニやスーパーから…と思っていたのですが、経験上テンションが上がらなくてすぐ辞めてしまいそうだったので、カフェを選びました。

前にも言ったと思いますが、バイト先の店長、先輩方は皆さんいい人で、私がミスをしても怒らず、むしろ励ましてくれます。

この人は苦手だから嫌だな、と思う日はありません。

だからこそ辛いです。

私は話すのが下手くそで苦手なので、約ひと月経った今でも「お待たせいたしました」が緊張してスラスラ言えません。

それに忙しいと周りが見えなくなって、オーダーを通し忘れてしまう事があります。

また飲食店はもちろんレジも初めてなので、即戦略には決してなりません。

私なんかがバーやキッチンなど狭いスペースをうろうろしていると迷惑かな、と思い、ホールに突っ立っている事が多いのですが、それもそれで申し訳ないです。

「使えないやつだな」と思われている気がします。

この前なんかお客様にお水こぼしちゃったし。

要領が悪くてあれも、これも、いっぺんに出来ないし。

やたらあたふたしてるし。

買い物メモ忘れたと思って戻ったらちゃんと持ってたし。

買い物したレシートどこにやったか忘れちゃうし。

話し下手な上噛み噛みだし。

初日から寝坊して遅刻するし。

そんな不安だらけなのにオールで臨もうとしてるし。このクズが。

 

お給料を貰うのは嬉しいのですが、申し訳ない気持ちも半分くらいあります。

バイトの前日は「あー明日も迷惑をかけに行くんだ…」と思ってしまいます。

私がいない方がスムーズに対応出来るような気がします。

初めてなのでしょうがないのでしょうか?

まだそう言っていられるのでしょうか?

そのうち、せめて迷惑をかけない程度にはなるでしょうか?

「長く続けてね」と言ってくれましたが、早くも「4月くらいまでで辞めようかな」と思っているところです。

『絶対内定2016』を読んで、打ちのめされました

こんばんは!

最近は週2くらいで堂々と家で寝ているココマイです。

なんとまあ目覚ましすらかけませんでした。

 

前に姉と人生どうしようという話をしていた時に、姉が「就活用の自己分析の本のワークシート結構良かったよ」と、その本を貸してくれました。

『絶対内定2016 自己分析とキャリアデザインの描き方』という本です。

ざっくりですが、やっと今日読みました。

ワークシートの隣に、我究館という就活塾の生徒のワークシートと添削の一言メモが添えてあったのですが、まとめると「自分を客観視して、とにかく大人になれ、これではまだ幼さが見える」という感じでした。

うーん、私はまだまだ幼いです。

今までは全く感じなかったのですが、大学をさぼっているのはすごく子供だな、と感じました。

決め手は学費でしたが、決めたのは一応自分です。

親には学費を払ってもらっています。

それなのに、つまらないから、面倒くさいからという理由で行かないのは、自分に甘すぎて親に甘えすぎなのかな、と。

ちゃんと自分で決めたことをやり抜くべきなのでは、と思いました。

(だからと言って「よし、明日から復活するぞ」とも思えないのですが)

ですが、新しい全く別の思いが生まれて良かったと思います。

 

自分に自信を持つには、何かを全力でやり遂げた経験が必要だと書いてありました。

確かに、中学生までの私は、バレエもピアノも絵もそれなりのレベルで、勉強もかなり出来る子だったので、自分に自信がありました。

それはちゃんと真面目に取り組んでいたから。

今の私は何も続かず何かに一生懸命になることもありません。趣味でさえそうです。

私がそうなってしまったのには、何か原因があるはず…(おそらくバレエを辞めたこと)

過去の自分から逃げず、真っ正面から向き合い、どん底まで落ち込めば、あとは上るだけ、と言っていました。

バレエを辞めて2年半ほど経ちますが、未だに、しかも3日連続で夢に見たりします。

もうそれはバレエをやりたいという本心から来ていると思うので、素直な気持ちに従って、まずはバレエを再開するところから始めたいです。

 

もう一つ。

私は以前から熟考が出来ないと言ってきました。

あまりにも言い当てられてしまったので、少し引用します。

中には、我究の苦手な学生もいる。深く考えることを拒む人だ。特に女子に多い。

(中略)

明るくて性格も人なつっこく、能力の高い(頭の回転の速い)人。あまり考えなくても、学生社会では感覚でたいていのことは(勉強も遊びも)人並み以上にできちゃった人で、偏差値の高い大学に多い。自分にそこそこの自信を持っている。さらに共通しているのは、過去に傷ついた経験があり、それ以来、自分と向き合うことを拒絶してしまった人だ。忍耐強くないため、嫌になるとすぐプイッとふくれてしまったりする子供だ。

うわあ…そのまんまだ

人なつっこい部分と過去に傷ついた経験は当てはまりませんが、それ以外はほぼぴったりです。

過去を細かく振り返れば、傷ついた経験が出てくるのかもしれません。

逃げて逃げて逃げまくった結果が現在なので、真剣に自分の過去と現在と将来を考えたいです。

「実は大学さぼってます」と言い出しづらい状況になってしまいました

こんばんは!

逃げ癖、諦め癖がものすごいココマイです。

 

「実は大学行っていない」を母に伝えるというミッション、かなり難しい状況になってしまいました。

いろいろな事がいっぺんに起きました。

 

まずは今朝、私はリビングの隣の和室で寝ているのですが、目が覚めるとリビングで母が妹に話しているのが聞こえてきました。

「パパと2人で、子供を甘やかし過ぎたなってすごく反省してるんだ」との事でした。

母は怒るとものすごく怖かったのですが、確かに甘やかされて育ったと言えば、間違いではないと思います。

私たち姉妹がやりたいと言った事に反対された記憶は無く、自由に育てられました。

それが良くなかったのか、姉は大学休学して別の大学編入を目指し、私は妖怪学校サボリンと化し、妹は今のところ大丈夫そうですが、長女次女はマイナスの方向に進んでしまっています。

今朝の母の話を聞いて、「ああ私は甘えん坊の赤ちゃんみたいだな、やりたい事しかやらないで」と思いました。

 

次に、同級生の嘆きです。

今日は中学校の部活のメンバーでカラオケに行ったのですが、何人かが「明日学校行きたくない」と言っていました。

そうは言いつつ学校行っているんだから、すごい…

私がいかにクズか思い知らされました。

 

最後のとどめに、姉の受験結果が待っていました。

今日はマーチのH大学の編入試験で、なんと、午前中の試験で受かった人のみ、その日の午後の面接に進めるみたいで、姉は試験の時点で落ちてしまったそうです。

元の大学に戻る事が決定してしまったのかどうかは聞けません。

母は怒り気味に「まあ人生大学が全てじゃないしね。生きていければいいんだから」と。母の機嫌は良くないです。

 

そんな事が立て続けに起こり、ますます「大学に行っていない」と打ち明けるのが怖くなりました。

母はすごくショックを受けて、悲しむか怒ると思います。

星野源と福祉系の資格試験の勉強と姉の編入でもう頭がいっぱいだろうに、そこに少しは脱クズしたと思っていた次女が飛び込んできた。星野源スペースを奪ってしまうかもしれない。

ああああ…怖い…

私が明日から諦めて大学に通えば、そもそも始めから諦めて大学に通っていれば、こんなに面倒な事にはならなかったのですが

 

 

 

誕生日に直接祝ってもらえるだけで幸せと思ってほしいです

こんばんは!

23時以降は食べないという低ーい目標を定めたココマイです。

徐々にね、、、突然は無理です。

 

12月になりました。

嬉しい出来事とムカつく出来事がありました。

 

ムカつく出来事から行きましょう。

今さっきの話です。

妹が母に話しかけているのが聞こえてきました。

妹「友達に結構良い(値段の)誕プレあげたのに、ちょっとしかお返しくれなかった(値段が安い)」

母「ん〜忘れろ!予想外に良いプレゼント貰ったりしなかったの?」

妹「うん。来年からは絶対メロンパン1個にするわ」

は?

あんた、誕生日に1日で持ち帰れないほどのお菓子やら貰って、黒板にでっかく「おめでとう」なんか書いてもらって、超祝ってもらってたじゃん?

なのに何文句言ってるの?

私なんか友達に直接祝ってもらった記憶は何年もないよ?

(あ、高2の時はちょっと嬉しかった)

所詮SNS止まりだよ?

ここ数年で貰った誕プレの数なんて数えるほどだよ?

…取り乱してはいけません、冷静になりましょう。

私と妹は住む世界が違うのでした。それを忘れてはいけません。

なので比べようがないのです。比べてはいけません。

まあ、今年の誕生日あたりは、引きこもりでしたからしょうがないのですが…

(今思えば、お誕生日ディズニーに一緒に行った子から、ちょっとチョコレートとかあっても良かったですよね。まあ過ぎたことなので)

来年は…期待しないでおきましょう。

 

さて、嬉しい出来事です。

バイト中での事です。

店長さんに呼ばれ、何かと思えば「明日午前中も来れる?」と。

もちろん午前中は大学さぼってミスドでドーナツを食べる予定だったので、「授業がなくなった」と適当なことを言い、急遽入ることになりました。

私としては「収入が増える、ラッキー」くらいにしか思っていなかったのですが、バイトを上がる時に何度も「ありがとう、助かった」と言ってくださいました。

まだ1ヶ月経っていないとはいえ、もう7回ほど入っていたにも関わらずオーダー通し忘れなどをしていたため、私は邪魔者だと思っていました。

店長さんにとっては、「人が抜けた分がすぐ埋まって良かった」という安堵感だと思うのですが、そこまで感謝していただいて、私も完全に邪魔者ではないと分かり安心しました。

 

という訳で、11時〜18時までバイトです。

土曜日はディズニー、日曜日はカラオケ、頑張れそうです。